「売る」だけじゃ生き残れない、営業マンのキャリア探究Webマガジン -[営業type](営業タイプ)

人生

仕事とプライベート、どちらのトークでも使える!? 「物知りアピールできる雑学」の記事まとめ

タグ: , ,

2015.5.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年のゴールデンウィーク、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

業務から開放されてリラックスモード、という人も多いかと思います。そんなときに仕事に直結する記事を読むのってつらいですよね。

と、いうことで、今回はリラックスしながら「ふむふむ」と読める雑学に関する記事を集めてみました。記憶の片隅に残しておけば、仕事とプライベートの両面で役に立つかも!?

知っておきたいスーツのトレンド

「生地選びでは、色・柄・用途を基準にしてください。基本的にはお客さまの好みを優先されるといいと思いますが、色の目安としてネイビーはフレッシュな印象で、グレーは比較的落ち着いた雰囲気になります」(大山さん)

最近のトレンドとしては、ストライプ柄や格子柄が主流になっているそう。

「スーツで重要なのはサイズ感です。いま既製品ではぴったり目が流行っていますが、やはり動きづらい。ちゃんと採寸したスーツは、ぴったりでありながらとても動きやすいですよ」

 
美しき戦闘服――「オーダースーツ」を仕立てる!【男の美学塾】 の記事を読む

 

メガネの数え方、「1枚、2枚……」って知ってた?

「こちらには一般のお客さまはもちろん、メガネ業者さんが買い付けに来られたり、スタイリストの方も来られるBtoBのお店でもあり、店内には81ブランド、常時3000枚のメガネがあります」

ん、3000「枚」?メガネの数え方は「本」だとばかり思っていたが……。

「かつてメガネのフレームはプラスチックが主流で、板状の素材から作っていたので1枚、2枚と数えるんですよ」

 
「メガネ」といったら鯖江! 本場のフレームが一堂に会すプロ御用達の店【男の美学塾】 の記事を読む

 

よく聞くわりにあまり知らない「江戸前ずし」って何だ?

『九段下 寿司政 本店』は江戸前ずしの店だ。でも、江戸前ずしってよく聞くけれど、どんなものかと聞かれると、分からないことだらけ……。そこでいただく前の準備として、まず、以下の3つのポイントをおさえて欲しい。

1)江戸前ずしとはいわゆる“にぎりずし”のこと

~中略~

2)“旬”を大切にする

~中略~

3)“〆物”と“煮物”を赤いしゃりで

 
150年の歴史ある江戸前ずしランチで特上の“ネタ”補給【ザ・営業食】 の記事を読む

 

秘伝の巻物で味を守る天ぷら屋って?

「当店には、初代が書き記した素材をおいしく調理するための巻物があるんです。例えば、人は甘みを感じると、脳内で快感物質が分泌されるため、甘い食べ物はおいしく感じると言いますよね。海老の場合は芯が45~47℃くらいになるときが甘さを一番強く感じます。つまり温度で甘みを引き出すわけです。それに対して、さつまいもは加熱することででんぷんが糖に変化してそれが甘みになる。つまり加熱時間が重要になります。そういった天ぷらに関する技術が全てまとめてあるものなんです」

 
“秘伝の巻物”が味を守る天ぷら専門店『みかわ』で通なオトナへの第一歩を踏み出す【ザ・営業食】 の記事を読む

 

肉料理店でよく聞く“一頭買い”。そのメリット2つとは?

せっかく牛を一頭買いしている店で食事するなら、以下の2つのメリットをしっかり押さえ、メニュー選びの参考にしてほしい。

【メリット1】リーズナブルに肉を味わうことができる。店がまとめて購入すれば販売単価がお得になるのは、どこの世界でも同じだ。

【メリット2】希少価値が高い部位を楽しむことができる。一頭まるまる仕入れることで、みすじ、さんかく、さがりといった希少部位も店として確実に確保できる。

 
牛を一頭買いする『赤坂 金舌』の“肉割烹”たるゆえんとは【ザ・営業食】 の記事を読む

 

「良いもの」をいろいろ知っているってカッコいいですよね。連休中には家族やお友達と、連休が明けたら会社の同僚やお取引先とのトークのネタに使ってみてください。

 
>>雑学に関する記事一覧はこちら

仕事とプライベート、どちらのトークでも使える!? 「物知りアピールできる雑学」の記事まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

営業typeの最新情報をお届けします

編集部おすすめ

地域PRの動画なのに再生回数約3万8千回! 佐世保市がタイムラプス動画を作ったワケ
国土交通省の観光白書によると、日本を訪れる外国人観光客数は、2013年に年間で初めて1千万人を突破した。また、国民一人当たりの国内宿泊観光旅行回数も2011年以降は増加の一途をたどっている。 地方自治体には、日本が観光大 […] >続きを読む
仕事
article1741
「背中を見て育て」が若者を潰す!? 新卒社員の教育係がやってしまいがちなNG指導
ついこの間まで学生だった新卒社員が入社してくる新年度。先輩社員として、フレッシュな彼らの面倒を見てあげる機会もあるだろう。中には新卒社員の教育係に任命された、なんていう人もいるのでは? 知っていることは何でも教えてあげた […] >続きを読む
仕事
万年筆、それは「知の道具」! 国内随一の筆記具ミュージアムへ【男の美学塾】
“こだわり”を身にまとうロマンを求めて…… 男の美学塾 「営業マンは会社の顔」とはよく言われること。どこに出しても恥ずかしくない男になるのはもちろん、身に付けるものには自分なりの“美学”を持ちたいものだ。「持つこと」で男 […] >続きを読む
人生
ネギを模したサイリウムは会場でも販売されており、初心者でも楽しめる。
朝6時からDJがレコードを回し、アイドルファンが宙を舞う『早朝フェス』ってなんだ!?
ここ数年、朝目覚めてから出勤するまでの空き時間を利用して、自分磨きや健康維持のための運動などを行う「朝活」という言葉がおなじみとなりつつある。 そんな中、ついに平日の早朝からクラブイベントを行う催しが現れた。それが「早朝 […] >続きを読む
人生

このページのTOPへ